www.adambaldwinarchives.com

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買して儲けを得る投資です。売買の注文の価格は、上下しています。これがレートです。テレビのニュースをみていると市場のニュースが流れる状況があります。よくあるのが「今のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを提示しています。外為取引には買値と売値の両方の価格が存在している事を表しています。売値のことをビット、買値の事をアスクと示しているFX会社もあります。買値よりも売値が小さく設定されるものです。自分が買うときには高く、売るときには安くなっています。この差をスプレッドといい取引会社の収益といわれています。スプレッドの幅はFX取引会社によって違います。スプレッドの幅は支出となるので、狭いFX取引会社を選んだほうが有利になります。ただし、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの広さは広くなったり狭くなったりします。もしいつもはドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッド幅でもマーケットの上げ下げがとても大きいときには1銭よりも大きくなる事があります。という事で、スプレッドの広さが狭いのと同様に変化しない事が不可欠です。近頃では固定でスプレッド幅を提示する業者もいくつもあったりします。現実に業者の注文画面内で実際の為替レートを確認しなければ評価できないのですがとても大事な事です。貴重な資金を投資してトレードをするわけですから本当のトレードの前に、興味がある取引会社の新規取引口座開設を全てして提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。同じペアでもその時点の為替相場の状況によって、通貨のスプレッドの狭さは変わることがあります。おおむね、インターバンク相場で売買高が多い通貨ペアではスプレッドが狭く、他の通貨ペアではスプレッドの広さが広くなる事がよくあります。
Copyright © 1999 www.adambaldwinarchives.com All Rights Reserved.